[ KNOWS Now! ] 48号

投稿日:2018年11月21日
作成者: knowslearning カテゴリー: KNOWS Now!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[ KNOWS Now! ]━
【KNOWS なう~KNOWS の中には今(NOW) がある~】
特定非営利法人KNOWS の子供たちの未来に橋をかけるメルマガ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 紅葉をしみじみ、「きれいだなあ」と感じたのは、箱根に小旅行に行った折でした。確か40歳代の後半だったような気がします。

カメラマニアの同僚がレンズを向けていた先には、真っ青な空の下、モミジの枝枝に赤く色づいた葉が、太陽の光を乱反射させながら、微かに揺れていました。その時、初めて「紅葉狩り」に行く気持ちが理解できました。

先日、「八王子いちょう祭り」に行ってきました。こちらは、いちょうの黄葉です。甲州街道沿い4キロにわたって770本のいちょうが植えられています。風にサラサラと散る葉が歩道に落ちると、アヒルが舞い降りて歩き出すのではと錯覚するにぎやかさでした。

さて今号は、「東北アクティブラーニングフォーラムのお知らせ」(その2)を掲載しました。

◆◆◆◆目   次━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆◆

Ⅰ 第2回東北アクティブラーニングフォーラムのお知らせ

「少年は散歩などしない。」

ヘルマン・ヘッセ著「庭仕事の愉しみ」の一節から

◆◆◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆◆◆

Ⅰ東北アクティブラーニングフォーラムのお知らせ(その2)

・日時 2019年2月16日(土)
・会場  仙台高等専門学校広瀬キャンパス
(所在地=宮城県仙台市青葉区愛子中央4丁目16番1号)

第2回東北アクティブラーニングフォーラムが開催されます。(以下は、東北アクティブラーニングフォーラムのページからの抜粋です。)

2020年の教育改革が目の前に迫っております。それぞれの現場で実践を重ねていることと思います。

そうした知識や知恵を対話を通じて共有したいと思います。県域や学種・職業の壁を超えてアクティブラーニングのあり方を考え、そして参加者が新しい一歩を踏み出すきっかけになる場にしたいと考えています。

アクティブラーニングや教育改革は西日本が先行しています。今回の基調講演は西日本から先進的な教育を行っている先生をお呼びします。

詳しくは、下記のフェイスブックを参照してください。

https://www.facebook.com/events/713346589039174/

△△△△━━━━━━━━━━━━━━━━━━△△△△

Ⅱ「少年は散歩などしない。」

ヘルマン・ヘッセ著「庭仕事の愉しみ」の一節から

 「少年は、森へ行くなら盗賊か、騎士か、あるいはインディアンになって行く。川へ行くなら筏乗りか、漁師か、あるいは水車作りになって行く。草原へ走るのは、蝶の採集か、トカゲ捕りに行くのだ。」

少年の頃の好奇心や行動力を、いつまでも失わないようにと思いました。

ヘルマン・ヘッセは、1877年にドイツで生まれた詩人・作家。1946年にノーベル文学賞を受賞。代表作に「郷愁」「車輪の下」「デーミアン」など。1962年に85歳で死去。