[ KNOWS Now! ] 33号

投稿日 :2018年3月28日

作成者 : knowslearning カテゴリー : KNOWS Now!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[ KNOWS Now! ]━
【 KNOWS なう~ KNOWS の中には今 (NOW) がある~】
特定非営利法人 KNOWS の子供たちの未来に橋を架けるメルマガ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平昌冬季パラリンピックも18日で閉幕しました。

そして23日から、選抜高校野球が始まりました。商店街を歩いていると、どこからかテレビ中継の甲子園の歓声が聞こえてきます。身の回りでは、3月に入ってから庭木や山野草の開花情報が飛び込んできています。桜前線もぐんぐん北上しています。

 

侘助、木蓮、あんずやアケビなどの写真が、各地に在住する山歩きの仲間から送られてきます。冬の間は、気にもとめなかった木々や野草が花を咲かせて、その存在をアピールし春の到来を伝えてくれているようです。

 

学校では、卒業・修了などで仲間との別れがあり、職場でも退職や転職、そして異動などで環境が変わり、ちょっと辛く慌ただしい日々が続きました。さあ年度末!新入生・新入社員を迎える準備はできたでしょうか?

 

さて今号は、関西KNOWSが主催する講座と、今年も文部科学省後援となりました第7回全国大会についてお知らせします。

◆◆◆◆目   次━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆◆

Ⅰ 関西KNOWS研究会学修デザイン講座について

Ⅱ 第7回全国大会について(第1報)

Ⅲ 「“金さえあればチケットが手に入る”なんという・・・」

              「談志最後の落語論」より    

◆◆◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆◆◆

Ⅰ第9回関西KNOWS研究会でんがなぁー学修デザイン講座 

日 時 4月21日(土)13:15~17:00

場 所 兵庫勤労市民センター 2F講習室

参加費 2000円

定 員 45名

講 師 KNOWS理事 前多昌顕氏

申し込みは、4月18日(水)までに。

詳細はこちらから

https://www.facebook.com/events/1653185161417543??ti=ia

 

講座や授業を作る時

「どのような流れにするとわかりやすくなるかな」

「伝えたいことは盛り込めたかな」

「どんな環境だと学習効果が高まるかな」

そんな時に役立つのが「学修デザイン」です。

 

学修デザイン講座は「アクセラメンツ」という講座設計の考え方を取り入れ、より良い学修のための授業や講座をデザインする方法を学ぶ講座です。

 

講師の前多氏は、ワークショップのテーマについて、「表現技法のひとつとして見切れ写真の撮り方を楽しくワクワクして学ぶ講座を予定しています。」と話してくれました。

 

具体的には

1学習の流れをデザインする

2ファシリテーションの方法をデザインする

3環境をデザインする

の3つの手法を使って、講座の組み立てを学びます。

 

多くの方の参加をお待ちしております。

 

<兵庫勤労市民センターの所在地及びアクセス>

〒652-0805  神戸市兵庫区羽坂通4丁目1番1号 JR/兵庫駅北側1分 (横断歩道橋をご利用ください)

神戸高速鉄道/大開駅南へ徒歩5分 市営地下鉄/上沢駅南へ徒歩10分 市バス/4・8・9の各系統「兵庫駅前」下車

 

Ⅱ 第7回KNOWS教育研究会全国大会について(第1報)

 

日 時 平成30年8月5日(日)10時00分〜17時00分

会 場 日本教育会館

    〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋2−6−2

(東京メトロ半蔵門線神保町徒歩3分、東西線竹橋徒歩5分)

後 援 文部科学省

参加費 4000円

 

内容は、学修デザイン学研究についての基調報告と学校や塾、そして社会教育からの実践による研究協議です。

 

またワークショップでは、日本カタン協会からスタッフをお招きしてボードゲーム「カタン」の体験を指導していただき、「カタン」によるコミュニケーション力の育成についても考えたいと思います。

 

申し込み方法や詳細な内容については、順次メルマガに掲載いたします。

 

△△△△━━━━━━━━━━━━━━━━━━△△△△

Ⅲ「“金さえあればチケットが手に入る”なんという、そんな奴に落語が判るわけがない。」

              「談志最後の落語論」より

 

この文の前に「家元のチケットに何万円というプレミアがついた、と聞いた。“すごいですねえ”と人は言うが、冗談言っちゃあいけない。」そして「“落語なんてそんなに払って聴くもんじゃないよ。・・・」と続き、冒頭の文へとつながります。

 

立川談志は、人によっては好き嫌いのはっきりする芸人の一人だと思いますが、こうした物言いにも彼の“個性”は表れています。東京生まれの彼の口調は威勢がいいが、その奥には痛烈な批判魂が見え隠れしています。

          

1936年東京生まれ、1983年立川流を創設して家元になり、2011年75歳で亡くなりました。